すそわきが対策にインナーブラン|最安値で買う方法と効果について

私の中ではこれまで「ワキガ対策用のクリームで、デリケートゾーンにも使用できるもの=すそわきが対策」とか「ニオイを抑える効果が高い成分を使ったボディソープ=すそわきが対策」だと思っていました。

オールインワンというのも魅力的ですが、とある症状に特化した商品というのもまた魅力的だと思いませんか?

実は「すそわきが対策に特化したアイテム」があるんです。

今回は、すそわきが対策のプロフェッショナル「インナーブラン」のメリット・デメリットや使用者の口コミ、最安値で購入する方法などをご紹介したいと思います。

 

インナーブランとは?

インナーブランとは、気になる部分にシュッと一吹きするだけで99%の消臭効果が得られるという優れ物です。

ジャムウなどの「体臭に効果的とされている植物性成分」が多数使用されており、肌への影響が非常に低いにも関わらず、高い消臭効果を実現しています。

より強い香りで誤魔化すという感じではなく、あくまでニオイの元に直接働きかけるという感じの商品です。

アトマイザーのような容器に入っていて持ち運びも簡単ですし、ニオイが気になった部分にサッと一吹きすれば良いだけなので、普段のニオイ対策へのプラスワンのしてもおすすめですよ。

 

【インナーブランの詳細情報はこちら】

24時間99%消臭!デリケートゾーンミスト【インナーブラン】

 

インナーブランのメリット

洗い流す必要なし!

これまでに登場していたすそわきが専用のアイテムと言えば、ジャムウ石けんなど「洗浄後に洗い流す必要があるもの」が主流でした。

しかしそれでは、シャワーを浴びたり入浴したりなどの時間が取れる時は問題無いものの、そういう準備の時間がない場合には困ってしまいます。

 

インナーブランはシャワー後などはもちろん、ニオイが気になった後やニオイが気になる前など、使用するタイミングを選ばないというのが大きな特徴です。

わきが対策のための薬用クリームは、基本的に「清潔な肌に使用すること」が原則だったので、もし出先で追加で塗りなおしたいというような場合には、塗る場所の汗などを拭きとって殺菌してから使用するのが決まりでした。

 

しかしインナーブランは肌に馴染みやすい液体ということもあり、ニオイが気になってから使用してもOKです。

このように「いざという時に使用できる」というのは、非常に頼もしい一面と言えるでしょう。

 

安全性も問題なし!

【インナーブランの3つのポイント】

  • 消臭殺菌成分IPMP
  • 6種のジャムウ成分
  • 7つの無添加

インナーブランの特徴として、まず第一に注目したいのは有効成分です。

公式サイトでは消臭殺菌成分IPMPという表現が使われていますが、これは他のわきが対策用商品でも多く採用されている「イソプロピルメチルフェノール(シメン-5-オール)」と呼ばれている成分を指します。

薬用歯磨きなどにも使用されている成分で、高い殺菌効果を持ちながらも人体への影響が極めて低いため、多くの製品から引っ張りだこの人気成分と言っていいでしょう。

 

そして6種類のジャムウ成分も採用されています。

ジャムウ自体はインドネシアで1000年以上も前から伝わっている植物性成分ですが、私たちの生活においては「デリケートゾーンのニオイや体臭などに効く成分」として親しみがあり、これまでのすそわきが対策として最もメジャーなのは、このジャムウが含まれている石けんではないでしょうか?

 

最後に忘れてはならない7つの無添加ですね。

酸化防止剤や合成着色料などの肌に影響の強そうな成分が無添加で作られているので、肌に対して非常に優しい消臭スプレーとなっています。

ただでさえニオイが気になる部分は肌が弱い箇所が多いですし、ましてデリケートゾーンに使用することを目的としているのであれば、刺激は少なければ少ないほどありがたいと言えるのではないでしょうか。

私自身、週一くらいのペースで半年以上使用していますが、肌荒れなんかも起きていませんし、非常に快適に使用できていますよ。

 

持ち運びOK!携帯性抜群

持ち運びしても邪魔にならないコンパクトサイズというのはもちろん、外から見たら「何が入っているか全く想像もつかないアトマイザー」でしかないという部分も、個人的に気に入っているポイントです。

これまでに私は数多くのわきが対策用アイテムを使ってきましたが、ニオイを完ぺきに抑えられていたとしても「実は対策をしているからニオイがしていない」ということにも気付かれたくないんですよね。

できることなら「元からそういうニオイとは無縁の人」と思われたいんです。

 

そんな時に見た目的に分かってしまう薬用クリームなんかは、正直使いにくいなぁって思ってました。

現に私はわきが用のクリームをクリアネオから薬用ネオテクトという商品に乗り換え、更には追加対策としてこのインナーブランも使用していますが、どちらもパッケージを見ただけでは周りにバレないという点でも高く評価しています。

 

【薬用ネオテクトの詳細記事】

すそわきが対策に薬用ネオテクト|最安値で買う方法と効果について

 

インナーブラン使用者の口コミ

20代女性の口コミ

これまで彼氏とイイ感じになっても、頑なにシャワーに行こうとする私の態度が原因で何度かケンカしたことがありました。

そういうことが続いていたので、ダメ元でインナーブランを試してみたところ、あまりにもの手軽さに「なんで今まで使わなかったんだろう」って感じです。

料金的には少し痛いけど、デリケートゾーンだけでなく全身のニオイが気になる部分にシュッと使えるので助かってます。

私の彼氏も付き合って1年以上経ったあたりから「シャワーとかそういうのいいよ」って言い出した人なので、こういう経験をしている人は意外と多いのではないかと思います。

私はいつも下着のせいにしていましたが、例えボロボロの下着だったとしても、それ以上にニオイのケアができないのが嫌なんですよね。

しかしインナーブランがあれば、サッと応急処置することが可能なので、急な用入りでも問題なく対応できますよ。

 

30代女性の口コミ

電話受付の仕事をしているのですが、夏場はビニール製の椅子に座りっぱなしということもあり、股間周りのニオイが特に気になります。

これなら手を汚さずにトイレに行ったときに手軽に使用できるので気に入っています。

私も事務員としてデスクワークをしているのですが、夏場なんかは自分が長時間座っていた椅子のニオイを嗅いでみると、結構きついんですよね…。

自分でこうなんだから、下手すると周りの人にはもっと迷惑をかけているかもしれないということで、蒸れたニオイ対策としてもインナーブランを使用してました。

デリケート部分というよりはお尻まわりに使用するような感じですが、インナーブランが原因で蒸れるということもなく、臭いもしっかりと抑えられるので、デスクワーカーの方にもおすすめです。

 

10代女性の口コミ

薬用クリームやスプレー系のデオドラントは多いけど、こういう液体スプレーでニオイが抑えられるのって少ないから嬉しいです。

効果については「24時間たっても99%の消臭効果」っていうのは盛り過ぎじゃないかと思うけど、まあ満足です。

液体スプレーだからか普通に使ってるとすぐに無くなっちゃうから、節約しながら使わないと・・・。もうちょっと安ければ最高かな。

確かに消費量に関しては、使用頻度にもよると思いますが体感的に「あれ?もう無くなっちゃったの?」って思うことの方が多いです。

見た目で残量が分かるものの、ある時パッと見てみると「もうこんなに使ったっけ?」ってしょっちゅう思いますから。

それだけ依存しているほど良い商品なんだとは思いますが、今では応急的に使用したい時のみインナーブランを使用するというルーティーンで上手く付き合えているので、みなさんも「緊急時はこれ!」というような付き合い方をすることをおすすめします。

 

インナーブランを最安値で買う方法

2018年9月現在、Amazonや楽天などでの取り扱いは確認できませんでした。

同様に私の家の近所にあるツルハドラッグ、マツモトキヨシでも確認できませんでしたので、最安値=唯一の購入先=公式サイトで間違いないでしょう。

 

公式サイトでは1本単品で購入しようとすると9800円ですが、定期コースで契約すると1本あたり4900円で購入できます。

この場合は1回で定期コースを解約することも可能なので、まずは定期コースに申し込んで使用してみて、良ければ継続、気に入らなければ解約ということも可能です。

 

さらには90日間全額返金保証付きという恩恵もあるので、インナーブランに対して少しでも興味があるという方は、ぜひ使用してみてはいかがでしょうか。

【インナーブランを最安値で買える公式サイト】

24時間99%消臭!デリケートゾーンミスト【インナーブラン】

 

最後に

すそわきがなど陰部のニオイに対してピンポイントで働きかけてくれるだけでなく、ちょっと脇部分などが臭ってきたと思ったら手軽に対策できるフットワークの軽さが売りのインナーブラン。

お値段は決して安くありませんが、恋人と円満に過ごすためにもデリケートゾーンの対策には持ってこいのアイテムです。

今なら返金保証も充実しているので、気になる方はぜひ試してみてください。

 

【TOPページへ】

すそわきがの完璧な対策|男女ともに使用できる方法とは?